これでマスター!離乳食のお粥の作り方【炊飯器編】

離乳食のお粥は一番作る頻度が高いので、自分にとってやりやすい方法を見つけたいですよね。

前回は小鍋でお粥を作る方法について書きましたが、今回は炊飯器を取り上げます。

この記事では、
✔︎炊飯器を使ったお粥の作り方を知りたい
✔︎炊飯器を使ってお粥を作るメリットを知りたい

といった方に向けて、炊飯器で作るときの月齢別お粥の作り方と注意点について紹介しています。

 

 

1.炊飯器のおかゆモードを確認する

こんにちは、献立作りを不要にする栄養コンサルタントの高野( @takano_nao)です。

進化を続けている炊飯器。
最近のものは色んな機能が付いてたり、色んなレシピがあったり。
我が家では、もはやご飯を炊くものだけではなく、野菜ケーキやゆで卵などを作る立派な道具になってます。
(このことははまた別記事にします!)

そんな炊飯器ですが、“おかゆモード”があるのはご存知でしょうか。

釜の内側を見てみると、「全」と「5分」の表示がありますね。
それぞれ全粥と五分粥のことですが、離乳食のお粥作りでよく目にするのは“◯倍粥”という表現。


“分”と“倍”が使われているので、同じ意味なのか、違うのか、わかりにくいですよね。
私たちが身近で使っている表現として「十分の一」というものがありますが、“分”とは、割合の単位を表しています。


ここで、基本となるのが、
全粥
これは米:水=1:5の5倍粥を指します。


この全粥を基準にして、五分粥とは、全粥に比べて、五分(半分)がお米ですよ、ということを意味します。
その五分粥が、水分比でみると、米:水=1:10の10倍粥に当たる、というわけです。


では、続いて、月齢によるお粥の作り方を見ていきましょう。

2.月齢別の作り方

釜の表示にそった作り方と、手動で計る作り方の2通りを見ていきます。


釜の表示通りにしても、手動で作るにしても、炊き上がる時間は、
通常モードよりも長くかかります

炊く前にはお米の吸水に30分程度、炊き上がった後に蒸らし時間として15分程度必要となるので、吸水から食べられる状態になるまで、90分強の時間がかかると見込んでおいた方がいいですね。

2-1.釜の表示通りの作り方

◾︎五分粥
先ほど解説したとおり、10倍粥にあたります。
離乳食を始めた初期(5〜6ヶ月)はここからスタートですね。

初めは、0.5合作れば十分に1週間分になります。
計量カップで0.5合のお米を入れ、0.5の目盛りのところまでお水を入れてから30分程度吸水させた後、「おかゆモード」を選択すればOKです。

炊き上がったご飯の粒が荒い場合は、さらにすり鉢やこし器などでなめらかになるように調節してください。


◾︎全粥
先ほども書いたように5倍粥のことを指します。
離乳食後期(9〜11ヶ月)になった頃に作るものですね。

五分粥と同じように、作りたい量のお米とお水を入れて30分の吸水後、「おかゆモード」を選んだらOKです。

2-2.手動での作り方

炊飯器の釜表示にもとづいて作る時には、“全”と“五分”の考え方を覚えておかないと混乱してしまいます。

そんな時はやはり手動が便利。
お米とお水の比率なら計量カップでそれぞれ計るだけで、適切な量がわかります。

 

◾︎初期(5〜6ヶ月)
10倍粥
米:水=1:10

この場合、米を1/2カップ(0.5合)入れるときは、お水は10倍の5カップ入れる、ということになります。
以下も同じ考え方です。

 


◾︎中期(7〜8ヶ月)
7倍粥
米:水=1:7

 


◾︎後期(9〜11ヶ月)
5倍粥
米:水=1:5


◾︎完了期(12〜18ヶ月)
軟飯
米:水=1:2


以上の比率にそって、作りたい量のお米とお水を入れて30分程度吸水させ、「おかゆモード」を選びます。


炊飯器でお粥を作る場合でも、毎日炊くのは時間がかかりますよね。
一度にまとめて作って冷凍する場合は、【鍋編】の「小分けして冷凍する」の見出し以降と同様の手順となりますので、ぜひ参考にしてみてください。

これでマスター!離乳食のお粥の作り方【鍋編】

 

3.炊飯器でお粥を作るメリット

炊飯器でお粥を作るメリットとしては、
✔︎炊いている途中の経過を気にしなくていい
✔︎炊いている間に別の家事ができる

ということではないでしょうか。


お鍋で作ると、どうしても火加減やお粥の出来具合を見ながら作る必要があります。
少しでも日々の時間を有効活用したい場合は、“炊飯器でお粥作り”は役立ってくれると思います。

 

4.炊飯器でお粥を作るデメリット

炊飯器でお粥を作るデメリットとしては、
✔︎大人用のご飯を炊くタイミングをずらす必要がある
✔︎炊き上がった後の粒の状態により、さらに裏ごしするなど追加の作業が必要になる

ということが挙げられます。


お米が炊き上がるには、研いだお米に吸水させて通常モードで炊いても、合計で90分程度はかかりますよね。


離乳食のお粥をどのくらいの頻度で作るかにもよりますが、大人のご飯も炊く時間を考えると、お粥作りと時間をずらさないといけなくなります。


炊飯器でのお粥作りは、時間に余裕のある時を狙ってした方がいいかもしれません。

 

さらに、炊き上がる過程が見えない分、炊き上がった後にご飯の状態を見ることに。
その日の吸水の状況や、水の量などにより、いつも思うような状態で炊き上がるかはわかりません。


私も一度炊飯器でお粥を作ったことはありますが、思った以上にご飯の粒が残っていて、結局小鍋に入れ替えてマッシャーでつぶすことに。
何だか手間が2倍かかったような感じがしてしまったことがあります。


いくつかの方法を試しながら、自分に合う方法を見つけるって大切ですね。





今回は、「炊飯器を使ったお粥の作り方を知りたい」「炊飯器を使ってお粥を作るメリットを知りたい」といった方に向けて、炊飯器で作るときの月齢別お粥の作り方と注意点について書いてみました。

どの方法でもメリットとデメリットはあります。
そして、ほかの人のメリットが自分にとってもそうだとは限りません。
自分なりのスタイルを見つけて、できるだけ負担なく続けていきたいですね。

 

離乳食で悩むママのための
離乳食カウンセリングのご案内

離乳食作りに不安を感じる方に向けて、カウンセリングを始めました。 レシピに頼らなくても、あなたの料理のスキルや道具でできる時短シンプル離乳食の作り方をお伝えします。 型を把握したら離乳食作りはラクチン。 離乳食で感じている不安や負担を少しでも軽くするお手伝いができればと思っています。

ABOUT US

栄養コンサルタント/ライター。 育児復帰後に時短勤務を続けていましたが、仕事と家事、育児をこなすだけで体力も精神力も限界に。気持ちに余裕を持って子どもたちと関わりたい、そのために自分自身がもっと柔軟に働きたい、と思うように。 家族と自分を大事にするため個を発揮できる働き方へシフト。地方公務員として14年勤務後、複数の食資格を取得し2019年から異分野でフリーに。 モットーは、“日々の何気ない食卓を子どもへの財産に変える”こと。