【離乳食完了期】3食+おやつの献立で栄養を整えよう(生後12〜18ヶ月)

離乳食も終盤。
大人の食事にさらに近づく完了期となります。

生後12〜18ヶ月の6ヶ月程度をかけて、よりパクパク食べられる口やあごの動きに変えていきます。

ここでは、離乳食完了期の概要を解説するとともに、ページの最後に役立つ記事を載せていますので、ぜひチェックしてみてください。



1.離乳食完了期の概要

回数1日3回
調理形態1cm角
(固さの目安はバナナまたは柔らかめの肉団子)

1日3回食が安定してくる頃です。

食材の大きさも1cm角や輪切り、5cmくらいの長さのスティック状など、切り方も色々な形にして体験を増やしてあげてください。
より大人の食事に近づくイメージですね。

固さの目安は、歯ぐきや舌でつぶせるくらいのバナナや、柔らかめの肉団子くらいで考えてみてください。


2.離乳食完了期の進め方ポイント“+おやつ献立で栄養補給”

離乳食の仕上げの時期となり、約半年をかけて進めていくことになります。

後期では離乳食が1日の栄養の5割前後を占めていましたが、その割合も9割以上を占めるように

引き続き、薄味でかまいませんが、パクパク食べが進むように、食材の形に変化をつけていきましょう。

<進め方のポイント>
✔︎手づかみ食べの最盛期なので手で持ちやすい工夫をする
✔︎薄味に気をつけながら、形・大きさ・固さのレパートリーを増やす
✔︎離乳食から栄養のほとんどをとるようになるので、栄養バランスを意識した献立にする
✔︎食事で摂りきれない栄養を補食(おやつ)で補う


3.離乳食完了期の1日の流れ

ここで、離乳食完了期の1日の流れの例を挙げます。

離乳食は、引き続き午前に1回、午後に2回のリズムになります。

加えて、1回1回の食事では量が十分に食べられないため、不足している栄養素を補食のおやつで補います

おやつといっても、乳幼児にとっては食事の一つになりますので、

・しらす混ぜおにぎり
・野菜入りパンケーキ
・チーズトースト
・ふかしさつまいも
・乳幼児用ビスケット
・ヨーグルト
など

といったものを用意しましょう。

3回の食事で不足する栄養を補うため、おやつの中や夜寝る前にミルクをあげてもいいですね。

ーーーーーーーーーーーー
7時
離乳食(1回目)

10時
補食(おやつ)

12時
離乳食(2回目)

15時
補食(おやつ)

18時
離乳食(3回目)

22時
(必要に応じて母乳/ミルク)

ーーーーーーーーーーーー


離乳食の目的や全体像について前もって理解しておくと不安もなくなりますよね。
こちらのページから各時期についてもご確認ください。

【コツがわかる】離乳食の進め方


4.参考になる記事はこちら!

ここでは、離乳食完了期に役立つ記事を挙げていますので、参考にしてもらえれば嬉しいです。

もう悩まない。離乳食のたんぱく質1日量を10秒で理解しよう

これでバッチリ。離乳食のたんぱく質食材を効率的に管理しよう

【使い回し度UP】離乳食完了期のかぼちゃレシピはこれだけ増やせる!

美味しさも栄養も。離乳食完了期のかぼちゃ欲張りおやつ5選

【離乳食完了期】冷凍保存で超便利!栄養満点かぼちゃレシピ5選

離乳食完了期とは?食事作りで気をつけたい5つのポイント

子供に与える栄養あるおやつとは?手作りできる時短おやつ7選

離乳食で悩むママのための
離乳食カウンセリングのご案内

離乳食作りに不安を感じる方に向けて、カウンセリングを始めました。 レシピに頼らなくても、あなたの料理のスキルや道具でできる時短シンプル離乳食の作り方をお伝えします。 型を把握したら離乳食作りはラクチン。 離乳食で感じている不安や負担を少しでも軽くするお手伝いができればと思っています。

ABOUT US

栄養コンサルタント/ライター。 育児復帰後に時短勤務を続けていましたが、仕事と家事、育児をこなすだけで体力も精神力も限界に。気持ちに余裕を持って子どもたちと関わりたい、そのために自分自身がもっと柔軟に働きたい、と思うように。 家族と自分を大事にするため個を発揮できる働き方へシフト。地方公務員として14年勤務後、複数の食資格を取得し2019年から異分野でフリーに。 モットーは、“日々の何気ない食卓を子どもへの財産に変える”こと。