【離乳食後期】いよいよ手づかみ食べに挑戦!(生後9〜11ヶ月)

離乳食後期での大きな変化といえば、
・1日3回食に移る
・手づかみ食べが始まる
ということではないでしょうか。

多くの食材が食べられる上、少し調味料を使えるようにもなるので、いくつかレパートリーを増やしたいところですよね。

ここでは、離乳食後期の概要を解説するとともに、ページの最後に役立つ記事を上げていますので、ぜひチェックしてみてください。



1.離乳食後期の概要

回数1日3回
調理形態5mm角
(固さの目安はバナナ)

後期では、いよいよ3回食に突入します。
より大人の食生活のリズムに近づいてくるようになりますね。

大人の献立とは別に離乳食も3回用意することになるので、大人食からの取り分けをさらに効率よく行うなど、ご家庭の食事スタイルに合った離乳食作りを考えていくといいかもしれません。

固さの目安は、歯ぐきでつぶせるようなバナナくらいの柔らかさになります。


2.離乳食後期の進め方ポイント“手づかみ食を取り入れよう”

後期の特徴といえば、手づかみ食べ。
固形のものを噛む、という初めての挑戦を迎える時期です。

手づかみ食べが始まると、当然うまく手と口が連動しないので、食べこぼしも増えることに。

赤ちゃんは食べ物の固さや手に持つ時の力加減、口に入れる量などを学習しながら食べているんですよね。
この手づかみ食べをしっかりすることでスプーンやお箸などの道具をスムーズに使えるようになります。

毎日食べこぼしを片付けるのは大変ですが、この時期特有のものと構えていきましょう。

<進め方のポイント>
✔︎舌のほかに歯ぐきを使って噛むようになる
✔︎1日3回食のリズムを作る
✔︎手づかみ食べを始める
✔︎離乳食から栄養の半分をとるようになるので、栄養バランスを意識した献立にする


3.離乳食後期の1日の流れ

ここで、離乳食後期の1日の流れの例を挙げます。

離乳食は、午前に1回、午後に2回のリズムになります。
作るママも大変になりますが、食べられる量は少しずつ増えていくので、3回目の離乳食は2回目の半量にするなど、赤ちゃんの体調や意欲などを見ながら柔軟に対応してくださいね。

ーーーーーーーーーーーー
6時
母乳/ミルク

10時
離乳食(1回目)(+母乳/ミルク)

14時
離乳食(2回目)(+母乳/ミルク)

18時
離乳食(3回目)(+母乳/ミルク)

22時
母乳/ミルク

ーーーーーーーーーーーー


離乳食の目的や全体像について前もって理解しておくと不安もなくなりますよね。
こちらのページから各時期についてもご確認ください。

【コツがわかる】離乳食の進め方


4.参考になる記事はこちら!

ここでは、離乳食後期に役立つ記事を挙げていますので、ぜひ参考にしてください。

実はシンプル!離乳食中期・後期のお肉の進め方

離乳食3回のリズム作りが難しい!心折れずに乗り越える2つのコツとは

【離乳食後期】初めての手づかみ食べに“お焼き”をおススメする4つの理由

もう悩まない。離乳食のたんぱく質1日量を10秒で理解しよう

これでバッチリ。離乳食のたんぱく質食材を効率的に管理しよう

こう乗り切った!離乳食のたんぱく質で便秘になる時の解消のコツ

栄養も使い勝手も満点!離乳食のレパートリーを広げる高野豆腐の使い方

これでOK!旅行に冷凍した手作り離乳食を持っていく注意点と確認ポイント

離乳食を食べない!泣く赤ちゃんに試したい4つのこと

使い方を知って栄養UP!トマトピューレを活用した離乳食レシピ4選

【ガスト編】離乳食メニューがなくても大丈夫!外食時に役立つ5つのポイント

おからはいつから?ハンバーグにも使える!作りやすい離乳食レシピ3選

【離乳食後期】冷凍もレンチンもすぐできる!納豆おやきで3回食に心のゆとりを

離乳食後期の納豆の量は?小粒はOK?大人も満足のカミカミレシピ

離乳食で悩むママのための
離乳食カウンセリングのご案内

離乳食作りに不安を感じる方に向けて、カウンセリングを始めました。 レシピに頼らなくても、あなたの料理のスキルや道具でできる時短シンプル離乳食の作り方をお伝えします。 型を把握したら離乳食作りはラクチン。 離乳食で感じている不安や負担を少しでも軽くするお手伝いができればと思っています。

ABOUT US

栄養コンサルタント/ライター。 育児復帰後に時短勤務を続けていましたが、仕事と家事、育児をこなすだけで体力も精神力も限界に。気持ちに余裕を持って子どもたちと関わりたい、そのために自分自身がもっと柔軟に働きたい、と思うように。 家族と自分を大事にするため個を発揮できる働き方へシフト。地方公務員として14年勤務後、複数の食資格を取得し2019年から異分野でフリーに。 モットーは、“日々の何気ない食卓を子どもへの財産に変える”こと。