【体験談】無料で機能充実!使い続けられる栄養バランスアプリ4選

栄養バランスアプリのアイキャッチ

健康を維持するには食生活を整えることが大切。
栄養バランスのとれた食事を。

そんなの知ってるよ、わかってるよ、と聞こえてきそうですが、一番の基本である「色んな食材から栄養をとることが大切」の本当の意味を理解しているかどうか

この理解があるかないかで、私たちの食生活は大きく変わってくるものだなぁ、と感じます。

この記事では、
✔︎栄養バランスがわかるアプリを知りたい
✔︎自分(我が家)の食生活にアドバイスが欲しい
✔︎ダイエットや糖質オフの食生活を継続したい

といった方に向けて、栄養バランスの本質を押さえつつ、無料でもサポート機能が充実していておすすめ!な栄養バランス管理アプリについて紹介しています。



1.栄養バランスの本質を知ろう

こんにちは、献立作りを不要にする栄養コンサルタントの高野( @takano_nao)です。

“栄養バランスのとれた食事が大切”ということは多くの人が認識していると思いますが、

●なぜ大切なのか
●栄養バランスが良い、というのはどのような状態を指すのか

をはじめに確認しておきます。

栄養バランスをイメージする際に用いられるのが、次のような「ドベネックの桶理論」と呼ばれるもの。


ドべネックの桶理論図解
(※この理論における最小値は必ずしも定まるわけではありません)


私たちは毎日の食事から栄養素をとっているわけですね。
当然、食べた量により、多くとった栄養素、あまりとれなかった栄養素、がまばらになります。

桶の側面を作る「側板」の高さが、取り入れた栄養素の量。
桶の水量が、食事全体の栄養バランス、のイメージですね。

桶の一番低い側板が栄養バランスの質に影響するので、一つでも低い側板があると、他に高い側板があっても、桶の水量(栄養バランス)は上がらないことに。

側板全体がなるべく高くなるように、まんべんなく栄養素をとるのが効果的、と言われる理由がここにあります。


果物いっぱいのヨーグルト

例えば、を作る栄養素にカルシウムがありますが、カルシウムだけで骨は作られていません。

たんぱく質やマグネシウムやリン、ビタミン類など多様な栄養素があることのほか、運動からの刺激、十分な睡眠(成長ホルモン)が合わせて働くことによって骨は成長していきます。

また、血液を作るイメージがある鉄ですが、これも鉄のほか、たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンCと複数の栄養素が関わっているんですね。


自分の食事の栄養バランスを整えたい!と思ったら、摂った栄養素を可視化するのが大切。

色んな栄養バランスアプリがありますが、自分に合ったものを見つけるためのポイントを見ていきましょう。


2.栄養バランスアプリを選ぶ時のポイント

たくさんのアプリ

自分の食事が栄養学的に見てバランスが取れているのか、なかなかわからないものですよね。

私も、これでバランス取れてるかなーと思ってアプリを見てみたら、意外に特定の栄養素が足りなかったりします。

そんな時に頼りになるのが、食事管理アプリ。
その特長は多様で、細かな点が異なってきます。

アプリを選ぶポイント
●写真入力ができるか
●栄養価の自動計算があるか
●食生活へのアドバイスがもらえるか
●操作性が良いか
●使い続けられる仕組みがあるか

私が実際に複数のアプリを使ってみて感じるポイントはこのような点ですね。

アプリの人気ランキングを見ても、それらの違いがどこにあるかはわからないもの。

次に紹介する4つのアプリについては、それぞれの特長をまとめているので、ぜひ参考になさってください。



3.【無料で機能充実】おすすめ栄養バランスアプリ4選

今回、私が実際に複数のアプリを数週間使ってみた使い心地と、それぞれのメリットを挙げてみました。

忙しいと食事の記録をするだけでも負担になりがち。

なので、写真を撮るだけで記録ができる機能があるものを中心に、有料サービスは使わず、無料部分だけでも十分に使えるものをピックアップしています。


3-1.カロミル

カロミルアプリ
カロミルの特長
●写真入力可
●既存メニュー・外食・冷凍食品などから簡単入力
●塩分量のカスタマイズ可
●栄養価の自動計算あり(毎食の表示可)
●無料アドバイスあり(1日単位)


カロミルの塩分カスタマイズ


カロミルの一つめの特長としては、既存メニューなどを選択しても、自分の調味に合うように塩分量が修正できること。

他のアプリでは、既存メニューを選ぶと塩分量は固定のまま。
その点、カロミルでは、より実態に合った計算ができることになります。

つい多くなりがちな塩分を減らしたい人にとっては、とても親切なサービスですね。


カロミルの栄養価計算


カロミルの二つめの特長としては、毎食の栄養価が自動計算されるということ。
これも他のアプリにはないメリットです。

1日まとめてではなく、毎食の栄養価が目に見えると、どのような食事が体にとって良いのかが自然に身についてくるように思います。


カロミル - ダイエット・糖質制限などの栄養管理

カロミル – ダイエット・糖質制限などの栄養管理
開発元:Life Log Technology, Inc.
無料
posted withアプリーチ


3-2.FiNC

FiNCアプリ
FiNCの特長
●写真入力可
●既存メニュー・外食・冷凍食品などから簡単入力
●栄養価の自動計算あり
●無料アドバイスあり(1日単位)
●食事・運動・睡眠などの生活登録、コンテンツ確認・利用で独自ポイントが貯まる
●貯まった独自ポイントは1p=1円としてショッピングサイトで利用可
●オンラインフィットネスが1か月無料(ライブ・録画レッスン見放題)


fincポイント制


FiNC独自の特長としては、次の3つ。

✔︎ポイント制の導入により、食事記録が続けやすい
✔︎オンラインフィットネスとの連携により、運動が続けやすい
✔︎貯めたポイントは買い物で使用できる

使い続けたい!と思う工夫が多く見られますよね。

毎日食事や運動、体調を記録するだけでポイントが貯まっていくとモチベーションもアップ!

また、一人だとストレッチやウォーキングは続けにくいですが、いつでも隙間時間にジムのレッスンを見られると思えば、運動習慣も整えやすいですね。

ジムに通うのに比べて、FiNCのオンラインフィットネスは有料でも格安なので、この機会に試してみるのもいいかもしれません。

fincショッピングとフィットネス


FiNC ダイエットのための体重管理やカロリー計算アプリ

FiNC ダイエットのための体重管理やカロリー計算アプリ
開発元:FINC TECHNOLOGIES INC.
無料
posted withアプリーチ


3-3.カロママ

カロママアプリ
カロママの特長
●写真入力可
●既存メニュー・外食・冷凍食品などから簡単入力
●入力画面がチャット形式で親しみやすい
●栄養価の自動計算あり
●無料アドバイスあり(毎食・1日単位)


カロママのチャット画面


カロママの一つめの特長としては、入力がチャット形式になっていること。

入力作業が事務的ではなく、入力するたびに、ぽんぽん会話が返ってくるので、チャットに慣れている人にとっては使いやすいですね。


カロママの食事アドバイス


二つめの特長としては、無料アドバイスが毎食表示される、ということ。

多くのアプリが1日まとめてのアドバイスなのに対し、カロママでは毎食の良かったところ、次にとるべき食事についてのナビがあるのがとても助かります。


カロママ AI管理栄養士カロリーママがダイエットサポート

カロママ AI管理栄養士カロリーママがダイエットサポート
開発元:Link and Communication Inc.
無料
posted withアプリーチ


3-4.あすけん

あすけんアプリ
あすけんの特長
●写真入力不可
●既存メニュー・外食・冷凍食品などから簡単入力
●栄養価の自動計算あり
●運動登録のカテゴリー分けが細かい
(消費カロリーをより正確に把握できる)
●無料アドバイスあり(1日単位)
●おすすめレシピへのリンクあり


あすけん運動カテゴリー


あすけんは写真入力ができないものの、運動登録のカテゴリーが細かいといったことや、食生活のアドバイスにとどまらず、レシピへのリンクがあったりと、かゆいところに手が届くサービスが特徴的。

日常生活の中で何気なく行っている買い物、料理、洗濯、掃除などの家事のほか、通勤や階段を上るといった行為であっても、積み重ねればかなりの消費量になります。

取り立てて運動らしい運動をしていなくても、普段の活動でエネルギーは消費できている、と自信が持てるのは嬉しいですよね。


あすけんレシピリンク


また、二つめの特長である、おすすめ食材とレシピへのリンク表示。
直接レシピへ飛ぶことができるので、わざわざ検索する手間が省けるんですよね。

この点もほかのアプリにはないメリットだなと思います。


あすけん カロリー計算・食事記録・ダイエット記録・糖質制限

あすけん カロリー計算・食事記録・ダイエット記録・糖質制限
開発元:asken inc. (Tokyo)
無料
posted withアプリーチ



今回は、「栄養バランスがわかるアプリを知りたい」「自分(我が家)の食生活にアドバイスが欲しい」「ダイエットや糖質オフの食生活を継続したい」といった方に向けて、無料でもサポート機能が充実していておすすめ!な栄養バランス管理アプリについて書いてみました。

今回ご紹介した4つのアプリの中で、私が一番気に入ったのは“カロミル”

理由は、既存メニューではなく、自分の味付けを登録できること、毎食の栄養価が把握できることで、次は不足しているたんぱく質を多めに摂ろう、と微調整ができるから

それぞれアプリには特長があるので、ご自身の希望に合わせて、気になるものはぜひ試してみてください。

目には見えませんが、私たちの体の細胞は日々生まれ変わっていくもの。

食べ物や食べ方を変えることで、ゆっくりでも確実に体の状態は変わっていきます

今よりもう少し自分の体を労わりたい、家族の食事を整えたい、と思ったら変わり時。
心強くサポートしてくれるアプリとともに、ぜひ新しい食生活を続けてみてくださいね。


コロナ禍で関心が高まりつつある“免疫力”。
免疫力を高める法則を知っておけば、風邪や病気はもちろん、原因不明の不調を遠ざけることができるかもしれません。

その一生モノのノウハウをこちらの記事にまとめてありますので、ぜひ参考になさってください。

免疫力アップの法則


ちょっと相談してみたい方は
\こちらからどうぞ/

 

 

Kids meal

幼児〜小学生がいるご家庭向け♪
子どもがぐんぐん成長する“推しごはん”のススメ

子どもにとって不可欠な栄養素がとれる“推しごはん”ってあるんですよね。「強い体を作りたい」「集中力を高めたい」も毎日のちゃちゃっとごはんで叶えられます!子どもの可能性を伸ばす夢を詰め込んだ食卓をぜひ手にしてください♪♪

ABOUT US

高野 七緒
栄養コンサルタント/ライター。 育児復帰後に時短勤務を続けていましたが、仕事と家事、育児をこなすだけで体力も精神力も限界に。気持ちに余裕を持って子どもたちと関わりたい、そのために自分自身がもっと柔軟に働きたい、と思うように。 家族と自分を大事にするため個を発揮できる働き方へシフト。地方公務員として14年勤務後、複数の食資格を取得し2019年から異分野でフリーに。 モットーは、“日々の何気ない食卓を子どもへの財産に変える”こと。